PageTop

遠征してきます

サーモンFLY


26日からちょいと北海道を離れます。
恒例行事のこの旅、例年、釣りとは無縁なのですが今回はひょんなことから「釣りもやっちゃおう」と言う事になりました。
実は「内地」での釣りは4年前の四国に次いで人生二度目。
大容量の釣道具一式をパッキングしながら公共の交通機関を利用すると云う事は大変な事なんだな~とゲストの方々の労苦を改めて認識いたしますです。

それはさて置き、「フライ釣り検定試験」(こんなのがあればの話ですが)に赴くかのようなこの“冷や汗”感はなんだろう?やな予感だったりして・・・。

[ 2008/04/26 00:30 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(10)

野だてソバ

野だてソバ

蕎麦は挽きたて、打ちたて、茹でたての「三たて」が美味いと言われますが、素人蕎麦打ちは挽いた粉を購入し、「打ちたて」「茹でたて」の「ニたて」がせいぜい。
先日野外で蕎麦打ちを試みた。ソバの野点(のだて)で「三たて」ナンチャッテ!?

ひと遊びした後の「野だてソバ」、つけ汁に入れたネギ代わりの採れたてギョウジャニンニク効果もあって以外に受けたようすだ。(と、勝手に思う)

それじゃ「今シーズンから野だて蕎麦、釣りガイドのメニューに組み入れますかね・・・」

すると面々の箸がピタリと止まった。

「はいはい、ソバより良型マスですよね・・・ごもっともでございマス。」
[ 2008/04/23 21:35 ] 粋狂 | TB(0) | CM(9)

阿寒フライフィッシングフェスタ

フェスタ


開催までひと月足らずとなった「阿寒フライフィッシングフェスタ

同業の「minamoさん」と、サポートをしているNPOから然別湖遊漁のお知らせとガイドサービスの営業を兼ね出展ブースを設けさせていただきます。

過去、関東の大会場での開催に付きまとう「反・エコロジー」とか「畳の上の水練」的な問題をクリアーすべく今回初めて阿寒という一級フィールドでの開催です。
いまだお上が仕切っているここ“蝦夷地”の国立公園内での民間主導イベントです(しかもフライ釣りに特化!)。ただ、出展者にとり営業上の成果は初めての開催だけにはっきり言ってって“?”ですがこれはもう参加するだけでも大きな意義ありです。だって「お祭り」ですから。

普段北海道では目にする機会の少ない全国の超一級のノウハウ、メソッドとタックルたちが一堂に会するのはそれだけで必見の価値ありです。

この「お祭り」自分もぜひ楽しみたいと思います。
[ 2008/04/21 17:28 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(2)

春耕

春耕し

行きつけの蕎麦屋の大将、風邪をひいたらしい。
先日など最高気温20.7℃、一日の寒暖差が優に22~3℃では油断は禁物なのだ。

蕎麦屋への道々、車から目にする畑起しは温度差からか土中から湯気が立ち上っていた。
この時期郊外を走ると例年は一斉に春の畑起しがと、思いきや肥料散布をしている畑、畝(うね)をきっている畑など気のせいか様々でいつもと少し様子が違うような気が・・・。
さらに新聞によると早くも播種が始まったところもあるらしい。

やはり温暖化ってやつでしょうか。
[ 2008/04/20 00:40 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(3)

208本の支流たち・・

十勝の山と川
「ふるさと十勝別冊・十勝テレマップ」より

おおよそひし形をした北海道の南東部に位置する十勝の平野を北西から南東の太平洋へ横断する一級河川十勝川。
その十勝川へ南方面から右岸へと北方面から左岸側へそそぐその数200余りの支流たち。この数は石狩川に次いで道内では二番目に多い。
そしてその支流達は広大な十勝平野の様々な地層、地質を通過するためそれぞれ個性を持った流れになる。
いきおい釣人たちはそれらの川との相性の良し悪し、好き嫌いが出てくることは当然と言えば当然。

ガイドとてそれは同じですがお仕事となるとそれはまた別の話。(の、つもりなんですけどネ・・・)
[ 2008/04/17 09:03 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(5)

筆を選ぶのだ・・

筆記具


この冬はお絵描き仕事がポツポツ・・・有り難い事です。
画像は下絵の際に多く使う筆記具(の一部!)気がつけばゴロゴロと出てくる出てくる・・・こんなになければならないかと言えば実は決してそうでもないはずなのだが!?。
「弘法、筆を選ばず」の域に到達する事は生涯無理。

フライ釣りもロッド一本あればとりあえず魚を釣るには事足りるのに現実はあちこちからゴロゴロ、しかもその多くは使わないのに?。
「お絵描きするフライ釣り師」さんだけにこればっかりは当然といえば当然か・・・。
[ 2008/04/14 17:42 ] 粋狂 | TB(0) | CM(2)

取材行

河口取材

難民キャンプの様子ではありません、もちろん脱北者でもありません。
郷土誌製作スタッフの取材行のひとコマです。
新シリーズに向け新たな取材が始まりました。
今回野遊び歴の長い隊長さんのご自慢はテント内で薪ストーブが使えるような工夫がなされていること。
暖を取る事はもちろん調理、湯沸しにと、仕事がらみのハードなキャンプには重宝しそうです。

ただしキャンプ終了後「きちんと家に帰るかどうか?」撤収まで見届ける必要が出てきました。
[ 2008/04/10 21:29 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(0)

弾よりも速く・・

エイトマン

記憶違いでなければ、SMAPがフレッツ光のCMで歌っていた「光る海、光る大空、光る大地~・・」は確か「エイトマン」のテーマ曲。
我家もNTTのセールス電話攻勢に根負けして先日フレッツ光を導入。
しかしグズグズしていて申込が世間の<引越しシーズン>とバッティングしてしまった。
慌しく配線工事を終え一人取り残されたオニイチャンが接続作業をするもセットアップに一時間ほどかけ、あげくに「PCが重くて出来ません、付属のCD-ROMで簡単に出来ますのでお願いします」と、きた。
PCがチンプンカンプンのアタシは帰宅した家人にその旨伝え後を託すが中途半端にセットアップしたせいかニッチモサッチモ行きません。
その上24時間電話でのリモートサポートもちっとも繋がらない。
電話を鳴らしまくって“二日後”にやっと繋がればなんとオニイチャン、ルーターの差込みを一ヶ間違えていた。

「開通に二日もかかった光通信、おいおい遅くね~!」
[ 2008/04/08 18:40 ] 粋狂 | TB(0) | CM(7)

営業活動に・・



札幌に行って来ました。
4月と言えどさすがに峠は雪模様も珍しくありません。
目的は6月にスタートする然別湖特別解禁のご案内。二回目となる札幌方面への営業、おかげさまで前回同様小売店さんにはポスターの掲示を快諾いただき反応は上々でした。
決して知人と旧交を温めたり美味しいお鮨をゴチになったりフライフィッシャーの集まるスナックに行っただけでは有りませんから!?
[ 2008/04/07 00:52 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(3)

デカ文字

デカ文字

昨日から購読している地方紙の文字がでかくなった。有り難いことなのです。

いつの頃からか?気がつくと細かい字が見えづらい。従って興味の無い記事は自然とスルーしてしまう。
さらに歳を重ねると興味やら好奇心が萎え、ますます視覚から世間の情報を取り入れようとしなくなる。
結果、こういうことの蓄積で「邪魔にされる年寄りに知らず知らずなっていくのかな~」・・・などとショウもないことを思いながら「ガソリン狂騒曲」「GS値下げ合戦」「暫定税率復活・再値上げ」などのショウもない出来事の記事をスルーはしないまでもやっぱり斜め読み・・・。
[ 2008/04/02 18:19 ] 粋狂 | TB(1) | CM(5)