PageTop

低ランニングコスト生活

画像のコレこれなんだと思います?

くすねて来た薪をチョロチョロ燃やしながらひたすらローコストな引きこもり生活。

そんなローコスト生活の実践中の昨日、冷蔵庫内の残り物の怪しいブツを口にしたせいか未明に突然嘔吐!午前中“上から・下から”の脱水状態でヘロヘロでありましたが・・・

本日何とか復調。

それにしても同じ物を喰った(と思った)家人がピンピンしてるのは・・・・・・

疑惑です。
[ 2009/01/30 11:19 ] 粋狂 | TB(0) | CM(4)

フィールド・リサーチ<川>



とある深い淵、50cm前後の海からの遡上アメマスが群れています。
これがひと月ほど前の画像。

数日前に同場所に行った知人の話では「眼を凝らして見たけど」魚体は確認できなかったそう。
海へ戻ったか(おそらく)、害魚扱いで駆逐されたか(?)、あるいは釣りきられたか(それはナイな)。
いずれにしてもいまだに未知の部分の多い、よ~判らん遡上魚であります。

[ 2009/01/27 22:25 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(9)

基本ポジティブ



四年ほど前、自作の水彩画を素材にして造ったTシャツです。
洗濯を繰り返し、気づけばなにやらレトロ感が増している。

伸縮するカットソーにプリントされたゴムのベースが経年劣化によりひび割れが生じたものですが、まるで中世に描かれた油絵のような状態。

「お~っ!古びたウェーディング・シューズがより雰囲気を醸し出してるぞ」

と、限りないプラス思考、あるいは文字通り「自画自賛!?」
[ 2009/01/24 20:13 ] 粋狂 | TB(0) | CM(2)

スノー・リーダー



グラス・リーダーまたはローン・リーダーと呼ばれるスペイのキャスティング練習用のリーダーがあると聞いたことが有ります。
それらはモノフィラで作られパッと見、鉄条網を思わせる形状だそうナ(見たことないけど)
つまり草とか芝にそのトゲトゲが引っかかりスペイのキャス練の一番のキモになるアンカーが効くんだとか。

さて、川面は氷で全面結氷、芝さえも雪で覆われる北国では、ことスペイキャス錬に関しては一昔前の高校球児並みのハンデを強いられる訳で、ならば「スノー・リーダー」なんてのが出来ないか?と、ごそごそやっておりました。モノフィラでノットを等間隔に作ったり、ホームセンターの防鳥ネットを試したり、麻ロープを解いたりと試行錯誤・・・見事完成のあかつきには雪と氷に閉ざされた北国の同胞たちのストレス解消、技術の向上、おまけに実用新案・一攫千金??・・・

しかし結果、ここまで引っ張っておきながらいまだ未完成。

外気温によって日々変わる雪質と、想像以上の摩擦係数の低さになかなか対応できません。

やはり“タタミのうえの水錬(水泳練習)”と同様“雪のうえのキャス錬”は成立しないようで・・・
[ 2009/01/22 15:05 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(3)

フィールド・リサーチ<街>

近所のスーパーにて

ここはどこかの国のスーパー?と一瞬錯覚しました。近頃のスーパーはどこもこんなんなんでしょうかね?
「日本の食糧基地十勝」とか「食材が美味い十勝」などとウタわれては居ますが、ここに住む一般人の我々が日常手軽に手に入れ易いのは実は全国流通グループのスーパーで展開される規格統一された食材という不思議。

「フード・マイレージ」に神経質になるとリスクが増え、「エコ」を追求すると高く付くという現実。

赤や黄色の「ピーマンみたいなの」より土から生まれてお天とさんを浴びたピーマンやトマトが食いたいだけなんですが今の世の中逆にこれが一番の贅沢のようです。

と、偏狭オヤジの小言のようになりましたがこの赤や黄色の「ピーマンみたいなの」(パプリカっていうんですか)試しに一度喰ってみるべェか?。
[ 2009/01/19 21:45 ] 粋狂 | TB(0) | CM(4)

旬に一度は・・



行って来ましたワカサギ釣り。「引きこもり」を気遣ってのお誘いです。
いったん重い腰が上がれば真冬しか味わえない旬のイベント、これはこれで楽しいのです。
今回もガイドが良いせいか忙しいくらいのアタリに急かされ何とか夕餉のオカズは確保できました。

PM6時からスタートして0時の帰路はかる~く-12℃であります。
[ 2009/01/17 21:50 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

やはり職業病!?



手術を免れた膝の半月板(ホントはやって欲しい気も・・)
引きこもりのこの時期、筋力維持にお出かけはもっぱら歩きです。

晴れ渡った先日、札内高架橋の上から見えるヌプカの山を手前にした大雪山系の山並みが見事でした。

ところで正月をNZで過ごした釣友の話では、ガイドをリタイアした旧い付き合いの現地の「ビルおじさん」も両膝の半月板を手術したとか・・・

周囲の同業者のなかにも半月板友の会が出来るほどチラホラと、やはり「職業病」まちがいない!?
[ 2009/01/16 13:11 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

フィールド・リサーチ



十勝は市街地を出ると殆んど平野部。
今日そんな中を走っていたら大きい物では一抱えもありそうな画像のような雪の造形物がいたるところに出現してました。

先日の強風とやや湿った降雪とがタイミングよく合致して出来るらしいです。

つまり、最初は小さな雪の塊が強い風で畑の上を転がるうちに雪ダルマのようにだんだんと・・・。

山の斜面など傾斜地を転がって出来るロールケーキ状のものはよく見られますが今回のように平地で比較的広範囲に見られるのは珍しいようです。
[ 2009/01/13 00:05 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(9)

穏やか・・・一転



ついに本格的な降雪が・・・帯広地方は昨晩から三十数センチの積雪でした。
今朝はプラス気温も相まって重く湿った雪をせっせと除雪。
画像は、やっとのことで雪に埋もれた車を掘り出してヤレヤレの一枚。

それでも天気予報で報じられた「大荒れ」は幸い避けられました。
おなじ十勝でも降雪量に随分と差があったようで、降りの少なかった処に住む知人からの朝イチのスキーへのお誘いも“珍しく”断らざるを得ませんでした。

明日以降、筋肉痛は必至でしょうネ。
[ 2009/01/11 20:35 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(2)

穏やかな・・・

水彩フェバリット・シリーズ

年末からズ~ッと、冬晴れ続きで穏やかなお天気の十勝です。

そんな状況下にすかさず熱いアングラー達は本流にささり「こんなんが釣れました~」とか「こんなんがあそこに居ました~」と、良型アメマスの画像をサイトやメールでお知らせしてくれます。

去年から延び々のオーダーのお絵描き仕事があるワタシは浮き足立ちますが「年明けからお仕事がないヒトもいるご時世ですから」と、グッと我慢・・・ですが。

正月から穏やかな太平洋型十勝晴れとは裏腹に歳を増やしてもいまだ娑婆っ気が抜けません。
[ 2009/01/08 10:40 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

円高チャンス?

コピー ~ 釣り旅ロンドン

新宿四谷の石川さんがオーナーとなるフライフィッシングショップザ・フアンテイルさん。
だんな様の「しんさん」は三十年後には間違いなく「好好爺」を約束されているであろう?という雰囲気を醸し出すナイスキャラ。奥様の「みゆきさん」はワタシの知る限りではおそらく女性No1のフライフィッシャーというご夫妻です。
広報企画のお仕事も手がけ、さらに豊富な海外釣行経験を持つお二人が今回プロデュースするのが「気軽にロンドン釣り旅」。この釣りを楽しむなら一度は巡りたいイギリスであります。

女性の方、ビギナーの方、他所の海外釣行のご相談など一度お店を訪ねてみてはいかがでしょう?

[ 2009/01/05 13:34 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

今年もよろしくお願いします



迎春

今年もよろしくお願いいたします。
[ 2009/01/01 09:41 ] 粋狂 | TB(0) | CM(16)