PageTop

P3300151.jpg

日中、立ち並ぶ他の釣人を尻目に二けたの釣果をサクッ!とこなした十勝本流のアメマス釣り・・・その夜、根掘り葉掘りとそのシステムとメソッドを聞き出し・・・
翌日、頭では理解したつもりで見よう見まねでコピーするも“その技”には全く足元にも及ばない・・・

ウ~ン、やはり超人(釣人)だな。
杉坂タカさん。

急な暖気で雪融けが進み、水位急上昇。
今年の春アメも収束か・・・
[ 2012/03/30 23:00 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(0)

水彩2012 3

「良性発作性頭位めまい症」
“なでしこ澤選手”のおかげでアタシが10数年前から悩まされてたメマイの正式な病名が判った!?

アタシの場合、当然この間、数々の病院で診察を受けるも、常時メマイが出ているわけではないので受診検査日に落ち着いていると対症療法はもちろん病名すら判らずじまい。そして診断はお決まりの「ストレスが原因」
ところが5,6年前に、三半規管のセンサー内の耳石が所定の位置から動いた際にメマイが出、それを頭を動かしながら元の位置に戻せば収まるとのTV番組を偶然見、あれこれ実践してからは少し小康状態。
しかし、たとえば今でもウェーデイング中急に頭を振るとクラッときて沈!ってことも時々あっていまだ完治せず?

女子サッカー世界№1プレイヤーだけに色々ストレスもあるのか?・・・それにせよトップアスリートだけに気の毒です。

そういうお前のストレスは、って?やっぱり何か在るんでしょうね~・・・

[ 2012/03/27 20:48 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

P3240112.jpg

久しぶりのタイイング。
作年12月上旬のTV収録時に巻いた「お手軽フライ」以来ですからほぼ4ヵ月近くのサボリ!。
で、なぜその気になったかというと・・・

先日の“アメマス詣で”。
かつて使ったことの無い画像上段のフライをヤケクソで使ったヘヴィーシンクのティップとの組み合わせで思いがけない良い反応があったから?。
絡まリ易いヘァーをマラブーに替え、それがフワフワと広がるようにボディにダンゴを作るなどして改良?翌朝いざ出撃と思いきや・・・季節外れのそこそこの降雪。

くじけました。
[ 2012/03/24 20:15 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(0)

3月にピークを迎える本流下流部の春のアメマス釣り。
主な堤防上の脇の駐車スペースはそれらしいクルマがポツポツ。
その中にチョッと“ニオイ”の違う釣り人たちの一団のクルマも特定の場所に停まる。遡上ウグイ狙いの一団です。
魚の溜まりドコロを知ってる彼らはそこで例年ヒッカケ針により遡上ウグイをキャッチ&イート。
“サシミ”が旨いらしいのですが・・・試して見る気は・・・起きません。
P3140104.jpg
陽気がイイとユスリカ系にライズします。が、挑発されてその気になるとこれが全く手強いのです。
まれにアメマス狙いのつもりが釣れちゃったりしますが、丸々太って最大で50cmほどにもなると・・

なかなかの釣り味です。
[ 2012/03/23 11:35 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(2)

P3160121.jpg
ピーカンのもと、ゲストを交えてアメマス釣り。
ヨッシー君がシャーシュー麺とお稲荷さんをケータリング・サービス。陽気のいい雪原の河原でいただく最高の贅沢。

P3160134.jpg

で、時にはこんなダブルヒットもあるこの時期の十勝本流アメマス釣り。
ここのところの暖気で少しユキシロ増水気味ですがもう少し遊べそうです。
[ 2012/03/20 08:38 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(4)

P3130082.jpg

先月のイベント時、隣のブースだった柴野邦彦さんにチョッとミーハーでしたがサインなど頂いた柴野さん編著の”ひとり歩けば”。
柴野さんにとって山の先輩であり画の師匠?でもあった辻まことさんへのオマージュに満ちあふれた一冊。
[ 2012/03/17 21:03 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

P3110076.jpg
汗だくで河原にたどり着いたら、せり出した厚い氷のクレバスに注意。
さらにウカツに乗ったら割れた氷に乗って川下りの楽しみもアリ?
P3090060.jpg
時々背後から流れてくる氷塊にも気を配り、不審な侵入者に威嚇行動をとる”お父さん丹頂鶴”をもなだめつつ、ロッドガイドに着く氷をイライラしながら融かし、ひたすらロッドを振り々・・・
P3070015.jpg
日の高いうちに来た時のスノーシューの足跡をたどりながら戻るも足が上がらず歩幅が合わない・・・

“春のアメマス”陽気に反し、結構たいへん・・・
[ 2012/03/13 10:37 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(4)

P3070044.jpg

最高気温がようやくプラスを指すようになりましたが・・・
それでも日差しが無くなるとたちまちガイドが凍ってラインが引っかかり、ストレスを感じます。

ですから、正午を挟んでほんの2~3時間の釣り。一番活性が高くなる時間でもあるしネ。

急な暖気でこのユキシロ前の一瞬の春の行事“下りアメマス”今年は早く終るような気も・・・。
[ 2012/03/08 22:18 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(2)

カシワ2

柏の若木は春まで枯葉を落とさないらしいです。

それを利用して和人の悪徳商人は秋鮭の取引に・・・
「柏の葉が落ちる秋まで、鮭の代金の支払いを待ってくれ」と、蝦夷地の先住の民アイヌの人を騙したという・・・
アタシらがご幼少の頃聞いた差別的プロパガンダ話?のひとつ。

でもね、数千年も前から自然と共生していたアイヌ民族がこんなことでだまされる訳もなく。

意外と、逆のパターンでしてやられた事への悔し紛れの戒めバナシ?
[ 2012/03/05 21:40 ] 粋狂 | TB(0) | CM(4)

image.jpg

浅草のクラフト展会場で久しぶりに会ったKさんからその後、ウインターランのスティールヘッドを上げた知らせが届いた。

“ウインター・ラン”、夏の遡上より難度が高いと言われ、これを釣り上げた者のみが真のスティールヘッダー?と聞き「やったろうじゃないか!」と、意気込んでカナダへ行ったのは数年前。
結果は一回だけの“アタリ”の惨敗・・・
総勢6名、滞在中は川と宿の往復のみと言う修行僧のような寒く厳しい10日間。それだけに同行者が上げた一本に一同、我がことのように嬉しく良い思い出となって残っている。

Kさんも心に残る一本だったはず。
お見事です!
[ 2012/03/01 21:58 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(2)