PageTop

20160530.jpg

パネラー顛末。
先日のフォーラムの一コマ。
人前でのお話など大の苦手。NZ・カナダなど少ない渡航で感じた観光としての釣り。彼の地と当地との釣りガイドの実情の違い、さらに持続できている好例としての然別湖特別解禁などの実例をスライドで次々投影して補足コメントを…の作戦を企むも・・・。
10分の持ち時間では盛り込みすぎだったか、素人が語るにはテーマが大きすぎてもて余したか。手元のシナリオなどに目が行く余裕もなくやはり途中で”しどろもどろ”に。

受けていたのはやはりフライフィッシャーで隣でPC操作を手伝ってくれたK重さん一人だったようです(笑)

2回目があればうまくやれると思いますけど・・・(爆笑)
[ 2016/05/30 20:52 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

20160525.jpg

週末、こんなイベントが催される。
仕掛け人グループの末席に所属していて手っ取り早いという理由か、いやいや人材不足だろうか?・・・あろうことか観光部門のパネラーを仰せつかった。

どうするヨ?

ここはやはりどさくさに紛れ「アメマスはどこへいった」と、問題提起してくるか。
[ 2016/05/25 21:33 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

20160518.jpg

帯広信金が30年にわたり発行してきた郷土文庫シリーズ。
自分は後半10年ほどの2クールの関わりでしたが、今年の創業100年周年を機会に一区切り。最終クールの5年で十勝の全市町村を紹介してきた「十勝あるき之図景」を総集編として一冊にまとめたものが今週16日より帯広信金各店カウンターにて配布されています。
過去の総集だけでは面白みがないということで今回は新しくシリーズ誕生のきっかけを「漫画」で紹介したり、チャシを新しい写真で紹介したり、さらに十勝の大判地図も付録に・・・そしてなんと!絵本で描くアイヌ伝説を担当(ここ要チェック!)上質紙200ページの冊子がなんと無料配布(ここ再チェック!)
帯広信金さんにご縁のある方もない方もカウンターへ今すぐGO!

って、近頃釣りネタから遠ざかってる釣りガイドブログ・・・


[ 2016/05/18 13:55 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

20160516.jpg

戦後、曾祖父の行商に始まり現在数十億円の商いをするまでに至った某会社の社長交代をきっかけにこれまでの社史を漫画でとの話をいただきこのほど完成。(ちなみにもちろん作画のみ担当です)
90数ページに及ぶ大作?ですが会社をここまで大きくした前社長はほぼ自分と同世代。昭和という時代を共に過ごした身としては過ぎてみれば製作中、生みの苦しみと同時に楽しかったような気も・・・

[ 2016/05/16 12:40 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)

20160509.jpg

久しぶりにフライ鋭意制作中。

然別湖受付にて販売用フライをご用意しようとのことで僭越ながらマキ巻きさせてもらいました。昨年のゾンカーに続いて今季はコーンヘッド仕様の小ぶりのチューブ・フライ。もちろん本流でも使用可能で実績ありです。

オメメをしばしばさせて一気巻き。これでブルーベリーサプリなど摂りながらだと赤字だな・・・。
[ 2016/05/09 23:27 ] 粋狂 | TB(0) | CM(2)

20160504.jpg

海を見下ろす見晴らしのいい小高い丘。手前緑色の窪みは縄文人の住居後らしい。やや左上に隣接する小さい窪みは食料の備蓄などに使われたさしずめ物置だろうか。この一帯このような大小の縦穴が無数に点在しています。
ここは沢があり水の確保と同時に動植物を手に入れやすく、何より外敵の侵入にもいち早く対応が出来たのか・・・。
もっとも当時はその後数千年にわたる海岸線の浸食がなかった分海はもう少し遠かったようですが。

春の陽気のもと古代人と同じ風景を目の当たりにする不思議なひと時。
[ 2016/05/04 18:50 ] 粋狂 | TB(0) | CM(0)