PageTop

汚水



ガイド仲間のminamo氏から電話、「すごいよあそこ、ウエットでゴンゴンだよ!」

何はさておき行ってきました。なるほどすごい、活性が高いのだ。
一度などリトリーブの出会い頭ということもあるが3Xがプッツリだった。

そのうち雨が一時激しく降りだした。と、見る見るうちに澄んでいた水が画像のように紅茶色になった。正体は畑に野積みの牛の糞尿、支流から入ったようだ。
川の汚染等から近年しっかりした施設を設けるよう規制が強化されたが現状はこの有様。

十勝の基幹産業の一つである酪農業にイチ釣り人の発言力は何の力も持ちませんが釣り人しか判らないこともあるのだゾ!

[ 2006/10/17 17:34 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(7)

お疲れ様でした!

お互いやられましたね。大きなお魚さんにも、あの雨にも、そして、赤インクを流したようなあの流れ。ちなみに、2キロほど上流にあの後行ってきましたが、綺麗でした。14番くらいのカディスがハッチしてて、ドライで30センチ弱のが釣れました。もう少し、遊べますね。
[ 2006/10/17 20:33 ] [ 編集 ]

スイッチoff

どーもでした!
あの色でスイッチがOFFになりましたが帰りの車中またONになり(最近再起動が遅い)市街地で遊びました。でもおサカナさんは薄かった。
[ 2006/10/17 21:28 ] [ 編集 ]

釣り人だからこそ敏感に感じる環境汚染って、ありますよね。
ちなみに、富士山の裾野を流れる有名な「忍野」には、一カ所、バスクリン色に染まった風呂の汚水が流れ込む場所があります。
世界の観光地がなんてことだ! なんて思いますが、それはともかく、そのバスクリンのお湯が流れ込むと、そこの場所にニジマスがわんさか集まってきます。で、当然ながら、フライフィッシャーも集まってきて、いっとき釣り堀常態になります。
いやはや、情けないやら笑えるやら……。
[ 2006/10/18 08:58 ] [ 編集 ]

お帰りですねzammaさん

内地でのニジマス君への低い全体評価はこんなエピソードからということヨッく理解出来ます。
だからパワフルでいて狡猾で、ファイターでなおかつ獰猛なニジマス君がエゾ地には居るんだって事を益々伝道しなくてはならないって気になるんですよネ。
[ 2006/10/18 22:20 ] [ 編集 ]

この季節・・・

一昨日まで道東で遊んでおりましたがこの季節、堆肥(牛のウンチの発酵したようなヤツ)を牧草地に撒くんですね!大雨や、翌年の雪解けと一緒に、河川に流れこむんだろうな~と思いながら、見ておりました。要
[ 2006/10/19 19:12 ] [ 編集 ]

そうですね。

追肥の季節です。これに関しては、一昔前の化学薬品肥料よりは、いいかなと・・・今は、これくらいのことしか言えません。
[ 2006/10/19 19:54 ] [ 編集 ]

堆肥化した・・

モノはまだ我慢できるのですが、今回のは明らかに川の横に野積みにされたソノモノのようでした。
屈斜路湖、苦戦のようでしたね。当チームは早々に撤退でした。
[ 2006/10/19 19:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/120-75b7960a