fc2ブログ
PageTop

雪の朝



人として生きその最期の尊厳さえも無視されてしまうような“バラバラな事件”が最近立て続けにおきています。人としてどうしちゃったんでしょうかね。

先日の雪の朝、門柱のテッペンに残る“バラバラの跡”を見つけた。
時々現れるハヤブサが雀を捉えたのか、それとも近所の野良猫の狩の跡か。硬いクチバシ、羽毛が残されており一見凄惨な現場、でもそれは生きるという事と死ぬと言う事がどういうことなのかを百の言葉より雄弁に語る光景。

<教育基本法改正>大事なことでしょう、<道徳の時間>大いに結構だと思います。しかし叶うなら子供たちにこんな現場に立ち会う機会があるととてもイイのでは?と思う近頃です。


[ 2007/01/15 10:39 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(4)

そうならねばいいのだが・・・。

進化しすぎた文明は自らを滅ぼすといわれる。
人々を見守っていた八百万の神々は、現代文明に姿を潜め、何の戒めもない子供達は、TVとコンピューターゲームのもと、秩序を学ぶことなく、現実と虚構を見極める術さえ知らない。
そんな世代が育ち、交代されていく。
いずれ、人類は自らのみならず、地球に住むすべての生命をも巻き込み滅びていくのだろうか?

なんてね。
でも、日本社会の現実を客観的に見るには、どっぷり浸かっていては無理かもね?
[ 2007/01/16 12:25 ] [ 編集 ]

そうだよね~!

ちょいと距離感のあるagさんには客観的にそちらからドンドン「渇!」を入れてもらいたいね。
[ 2007/01/16 20:22 ] [ 編集 ]

命をもらうこと。

一番考えなければいけないことが、今、疎かですね。毎日のように、山を歩いていても、なかなか、命は与えられません。いいリハビリにはなってますが・・・
[ 2007/01/17 18:10 ] [ 編集 ]

リハビリ!

最近脚がすっかり萎えきってしまった我が身にはこの“リハビリ”って言葉、敏感に反応しますです。
スーパーの陳列棚から簡単に手に入る命だから重さも有り難味も少ないんでしょうね。
[ 2007/01/17 19:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/161-4e8cb50b