PageTop

無趣味?



三十歳に突入を機に故郷へUターンし、同時期に始めたのが趣味の王道フライ釣り。ところが何の因果かその趣味が釣りガイドという生業(なりわい)となってしまった今「趣味が無い!」ことに気がついた。

仕事も私生活も趣味の為の方便とうそぶいてきたワタクシとは到底思えないこの状況、これではストレスもうっ憤も貯まるかもしれない何とかしなくてはと、薪ストーブの前で考えていた・・・ところでこの薪ストーブを「焚く」ってこと実はとても大変。日々のお世話から定期的なメンテナンス、そして一番が薪の調達。なにしろ充分乾燥させた薪を初冬に大量に確保するには夏からその作業に多くの時間と体力、気力を費やさねばならない。かつてこの苦行を遊び盛りだった中学生のころイヤと言うほど経験させられているにも係わらずなぜまた薪ストーブか。

幸いにして今、ある事情から薪の調達は恵まれている。それでも身辺から出る不要な庭木や風倒木を切ったり割ったり運んだり、あるいは日々のメンテは結構大変ではあるが、おや~っ!これって「趣味?」と思えるほど実は楽しかったりもしている。

[ 2007/01/22 19:01 ] 粋狂 | TB(0) | CM(6)

趣味と言わずになんと言おうか!

紙を使わない火付け術。
乾いてないまきの燃焼術。
ストーブの中身を殆ど占領してしまう大薪燃やし術。
日々のチャレンジは人のためではなく自分の為。
責任のない他愛のないこの行為を趣味と言わずになんと言おうか!v-218
[ 2007/01/23 15:32 ] [ 編集 ]

うんにゃ!

北緯50度のagさんとこの
>紙を使わない火付け術。
>乾いてない薪の燃焼術。
これはもう趣味の世界を超越したライフライン確保のサバイバル術そのもの。
これから見れば“ナンチャッテ薪ストーブ派”のウチはやっぱり趣味の域を出ていないなようだぞ。
[ 2007/01/23 16:29 ] [ 編集 ]

間違いない

スイッチを押したら暖かくなるのにわざわざ薪を焚いて暖をとるて間違いなく趣味ですよ  漁と違うフライも一緒やし  それにしても 横で寝てる猫ちゃん 気持ちよさそう
[ 2007/01/23 22:42 ] [ 編集 ]

ウチは間違いなく趣味です

実は早朝とか外出で遅くなる時はタイマースイッチ、ポンのヒーターに依存しています。あくまでもナンチャッテなのです。
>猫ちゃん 気持ちよさそう
そうですね~猫が一番恩恵を受けています。で、二番目がワタクシにでしょうか?
[ 2007/01/24 19:47 ] [ 編集 ]

猫ちゃん気持ち良さそう!
鱒の助さんと同じく、ボクも趣味と仕事の境目無し。
ま、儲かっていないので、これは趣味なんだから……っと、なんとも困った言い訳の日々。
個人的には、春と秋は釣り三昧、夏は薪割り、冬は猫と一緒にストーブの番ってのが理想なんですが……。
ちなみに、ボクも高校生までは薪割りの日々でした。辛かったな~
[ 2007/01/24 20:11 ] [ 編集 ]

ですよね~!

イヤでイヤでしょうが無かった家の手伝いの薪割り、それが今はむしろ嬉々?として、趣味と仕事もしかり?物事見方を変えるとイイのかもしれませんネ。
[ 2007/01/24 21:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/164-bf282534