PageTop

51bCB1GxDWL._SL500_AA300_[1]
ベニー・グッドマンの1938年カーネギーホールでの2枚組み録音盤。
いろいろな意味で歴史的な名盤なんだそうです。

で、アタシの場合この楽曲を耳にするたび「3丁目の夕日」的なレトロ感に包まれます。

サンマを焼く臭いにうながされ、缶けり遊びから帰った小さな借家の茶だんすの上に鎮座していた真空管ラジオからは当時公開の映画音楽、そしてこんなスイングジャズが流れてたような記憶・・・

後年観た映画、ウッデイ・アレン監督の「ラジオ・デイズ」ではソファがドンと置かれたダイニングの中心のラジオからは、やはりスイングジャズが流れ、時代・状況の設定も似てるのですが「豊かさ」が天と地ほどの差があったようです。

もっとも、丸刈り半ズボン姿の当時のアタシはそんな事とは無関係にポヨ~ンと育っておりましたけどネ。
[ 2010/05/27 11:01 ] 粋狂 | TB(0) | CM(5)

趣味が良いですねぇ
スィングジャズって良いですよねぇ
なんとなく真剣に聞かずとも
なんとなく耳に心地よく流れてくれるだけでホッとしたりして
その頃の大将の場合はコールテンのシャツ
袖はぬぐったアオッパナでカペカペ
[ 2010/05/27 13:11 ] [ 編集 ]

いいですねえ~。

ジャズすきです。
というより音楽が好きです。
トロンボーンの音色なんかは特に好きですねえ~。
ギターも当然好きですが、すべて気持を落ち着かせてくれます。

今日で田植えが終わったので今はのほほんとすごしています。
[ 2010/05/27 15:56 ] [ 編集 ]

大将さん
後年のチョッと難解なモダ~ンなジャズもいいですが団塊オジさんにはここらあたりのものが刷り込まれているようですワ。

iwana-kenさん
田植え終了!お疲れさまでした。
しばらくはポヨ~ンとお過ごし下さい
[ 2010/05/27 18:11 ] [ 編集 ]

フルバンドのジャズは是非生で聴いて下さい!
あの迫力は一度生で聴いてみないと・・・
[ 2010/05/27 23:23 ] [ 編集 ]

Azuさん

機会があればぜひ聴きたいですね。
そういえばS湖に遠征で今週末の月例のAzuさんのセッションには行けそうも無い・・・来月末はFFフェスタだし・・・。
[ 2010/05/28 00:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/636-e7c34e88