PageTop

「ドリーちゃん」



今回自分も十勝川のレポートを担当させてもらったつり人社から発刊の「フライ102」。巻頭から14ページに渡って尻別川をレポートし表紙では50オーバーの見事なレインボーをハンドランディングしているのが札幌「ドリーバーデン」の下山さん。

先日然別湖でminamoさんより紹介されたが予想外に若く偉丈夫でなおかつ好感度の持てる好青年であった。

この下山さん(しもちゃん)からのメールの<発信者名>はそのイケメンな外見とはうって変わって「ドリーちゃん」。
うちのパソコンはこの「ドリーちゃん」からのメールは律儀に迷わず削除トレイに入れたがるので今言い聞かせているところです。

[ 2006/07/14 16:19 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(3)

かっこいいよね!

そうなんです。羨ましいほどの足の長さ、一緒にウェーディングはできません。ドリーちゃん、鱒の助先生、これからもよろしく。
[ 2006/07/20 09:14 ] [ 編集 ]

逆ですヨ!

一緒のウェーディングは心強いはず、流されたら太腿にしがみつけばイイからね。
お前は“セミか!”
[ 2006/07/20 15:46 ] [ 編集 ]

そっか!

最初ッから、しがみついていけばいいんだ。さすが、先生!昔、アメリカのある川で、190センチくらいあるアメリカ人の友人に、肩を持ち上げられ、足が浮いた状態で、チャプチャプと夕マズメを終えて、川を渡って?帰ったことがあるなぁ・・・ドリーちゃんよろしく。
[ 2006/07/20 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/73-19f3802a