PageTop

本流アメマスはそろそろかいな?と、赴くと・・・
そこここのメジャーポイントの殆んどにはすでに先行車が数台。

だが、さほど釣れている気配は感じられない。
うろうろ、彷徨って結局朝一番に見た処に戻ったのが2時間後・・・

しかし、いまひとつ気合も入らず、河原のあちこちに飛散していたオオハクチョウの羽を拾って帰ってきました。

「スワンクイル」、いまや貴重品だそうだ。

PB061914.jpg
[ 2011/11/06 20:26 ] フィールド・ノート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/812-ef8a7cd7