PageTop

130412.jpg

美しいフライで美しい鱒を釣りたい、ってのが多くのフライ釣り師が身上としていることなんでしょうが、現実は・・・
右はズ~ッと以前、おちゃらけでヤーンを三つ編みしてテールにしたフライ。名付けて「辮髪のカンフー達人」。が、固ければ「おさげ髪のミヨチャン」とかテキトーに?
ある時このフライ、止水で“クネクネ”動くおさげのテールが功を奏したかガッツンガッツン当たる、けどフックが小さいせいかノラない。
ならば今年はさらにクネクネ感は保ちつつコンポジットループでこしらえた傘の部分がストップ&ゴーのたびに“バホバホ”開くように改良。
妄想が過ぎてだんだんおちゃらけて行く・・・
[ 2013/04/12 11:22 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/956-c1e8c715