FC2ブログ
PageTop

異常気象も時には・・



異常気象だ、天候異変だ、などと例年になく今年は特に騒がれている。

7月の異常な長雨(近年エゾツユと呼ばれているそう)と、それを取り戻すかのような8月の猛暑。
おかげで十勝の基幹産業である農業は当初心配されていた農作物への湿害、冷害を何とか免れ最終的には帳尻あわせがついたようでヤレヤレのようだ。

この天候異変、普段の生活では「寒い、暑い」だけですが野外に出るとオヤッ!と思うことがある。

例えば数週間前に十勝の南部で大発生した小さい蛾、例年一夏をかけて羽化していたものが8月に入り短期間で一斉に羽化したらしい。スズメバチも遅れていた巣の突貫工事に追われ動きが活発だ。

しかしフライフィッシャーの皆さんはコレを逆手にとって釣りをすればよいのです?!
河原を歩けばホッパーがうるさいほど飛び交っているし、蝉も夏の終わりを感じて鳴いてます。先日もフックサイズ#2くらいのハナアブをしつこく追い食いする<二の腕サイズ>のレインボーを目撃しました。

さあ!巨大テレストリアルをフライ・ボックスにしこたま詰め込んでエキサイティングな釣りにでかけましょう!

[ 2006/09/05 19:07 ] フライフィッシング | TB(0) | CM(7)

そうですね!

なかなかガイド泣かせのシーズンですね。私の場合はいつも泣いてますが・・・ようやく、あちこちが落ち付き、これからだぁ~!状態ですね。ビッグドライで、ギンギンの瀬から、ドッカーンとビッグレインボーやっちゃいましょう!私は後ろで、ビール飲みのみ、見ていますよ。
[ 2006/09/06 20:12 ] [ 編集 ]

残暑お見舞い

minamoさん膝の回復は順調?
本日予報最高気温は27℃とのことで飲兵衛さんと山に分け入りました。彼のホッパーを恵んでもらいオショロコマと遊んできました。したがってドッカーンはおあずけです。
[ 2006/09/06 23:33 ] [ 編集 ]

いやー、まいりました。

8年ぶりくらいで行った所は川原ができておりフォルスキャストができた。以前は枝がじゃましていてせいぜい叩く釣りしかできなかったのに。
林道から見えなかった川が大雨のたびに暴れまくった痕跡があり林道から見えるようになり石の白さが目立った、晴れた日でも木岐の間からかすかにしか日が差さなかったのに。
上流の伐採が大きく影響しているようだ。近くのオショロコマの住む所も2年ぶりくらいで行ってきたのだ林道から5mくらい下に川があったはずなのに今じゃ横付けできるようになっていた。 なんなんだこれは・・・、
林道にも暴れた川の痕跡がありここにも魚が泳いでいたのかなーって、明るくなって見通しが利く分熊の心配はへったのだが、なんだかなー。
[ 2006/09/07 21:53 ] [ 編集 ]

林道にも

流れの痕跡があったのには参りましたネ~
太古の昔から川は暴れながら地形を作り、なるべくして現在の形になっているのでしょうが、あれはかなり無理がありましたね。
でも熊さんの心配が無くなった分良しとしませんか。
[ 2006/09/07 22:57 ] [ 編集 ]

そうしますか

でも、大雨が降るたびにブルが入らないと通れないような感じで中野川川みたいですね。
石がごろごろしているからまだいいですね、あれが小石とか砂地になるとダメですね。
でもよくあれだけ暴れまくっているのに世代交代できてますね人間が考えるより魚のほうが賢く生きぬいているようでたいしたもんだ。
大雨降る前にオショロコマは小石を飲込み流されないようにするって聞いたことがありますが本当でしょうか? 今度そのような時に行った際には腹を触ってゴリゴリしてみてください。
[ 2006/09/07 23:21 ] [ 編集 ]

まさに!

お魚さんは、とっても賢いですよ。とてもとても、我々なんかがかなうものじゃありません。それにしてもお二人、やってますね!もう少し歩けるようになったら、連れて行ってください。ちなみに熊さんも、できる限り歩きやすいところを歩きます。見通しがいいからといって、安心せずに慎重に釣行致しましょう。
[ 2006/09/08 13:06 ] [ 編集 ]

二人とも

逃げ足は速いと自慢できます。
お利口さんにして膝、はやいとこ治しましょうヨ。
[ 2006/09/08 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fieldreseachtokachi.blog52.fc2.com/tb.php/98-b71f389f